お尻 ぶつぶつ 生理

生理の時にお尻のぶつぶつがひどくなる時の対策

生理の時にお尻のぶつぶつがひどくなるなら、ぜひ参考にしてみてください。

 

生理前後になるとお尻のぶつぶつが増えて嫌ということがあるとは思いますが
悪化して大変なら、下着やナプキンが原因の場合があります。

 

生理用ショーツはよごれが落ちやすく、ナプキンがずれないように体にフィットする素材ですよね。
そうなるとナイロン系のものが多いです。
生理の時期にナイロン系ショーツをつけてるとそれでお尻のぶつぶつがひどくなることがあります。

 

理由はナイロンはお肌よりも固いからなんです。
肌よりも固いので摩擦が起こりやすく、摩擦が原因でかゆみや炎症、ぶつぶつもできてしまいます。

 

 

あと、ナプキンでぶつぶつができることもあります。
これもまたナイロン製やポリエステル製ですよね。
理屈はナイロンショーツと同じです。

 

しかも生理の為にお尻の環境ってよくないですよね。
余計雑菌がふえやすい時期なんです。
ニオイも本当に嫌ですよね。

 

 

生理の時のお尻のぶつぶつ解決方法
ナイロンショーツは肌につけない
原因であるナイロンショーツを直接肌につけないのが一番です。
ですが、そうなるとナプキンがずれる心配がでてきますよね。

 

なので重ねばきがおすすめです。
まず綿のショーツを履いてその上にナイロンショーツを履きます。
そうすることでナプキンのずれを防ぎます。
ガードルを履いてずれを防いでもOKです。

 

生理が重い日だけナイロンショーツを使うという手もあります。
他の日は綿のショーツにナプキンをつけます。
もし汚れても水に漬け置きすると汚れは取れます。

 

 

ナプキンを肌にやさしいものにする。
オーガニックコットンで作られたナプキンが最近売っていますので
それを付けると肌の負担がぐんと減ります。

 

値段が高いですが使い心地がいいので使っている人は多いです。

 

また布ナプキンも人気です。
肌にやさしいですし、生理が軽くなったという声もあります。

 

それからタンポンや生理カップに替えるのもいいですね。
そうするとナプキンは必要ないですから
生理の汚れがお尻につく心配もありません。

 

 

以上、生理の時期のお尻のぶつぶつ対策でした。
生理の時期も快適にすごせるといいですね^^

 

お尻のぶつぶつ対策クリームおすすめは?

page top